Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市でシステム障害、証明書など発行できず

大阪市においてシステム障害が発生し、各種証明書の発行が行えない状態となっている。

同市によれば、6月7日12時ごろより、同市統合基盤システムのサーバで障害が発生した。

同市区役所や市税事務所、サービスカウンターなどにおいて、証明書の発行などシステムで処理が必要となる業務がほぼ全面的に停止。同日の時点で復旧の見込みは立っていない。

今回のシステム障害で影響を受けた業務は以下のとおり。

住民票、印鑑証明書などの各種証明書の発行
印鑑登録申請
転出証明書の発行
国民健康保険証の発行
介護保険証の発行
医療券、保護決定通知書などの発行
重度障害者医療証の発行
こども医療証の発行
ひとり親家庭医療証の発行
敬老優待乗車証の発行受付
課税証明、納税証明、固定資産税評価証明など各種証明書の発行

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
サイバー攻撃受け障害、従業員情報流出の可能性 - パルグループHD
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
データが暗号化被害、業務継続や復旧に向けて情報を収集 - 駒井ハルテック
サイバー攻撃が原因と見られるシステム障害 - 駒井ハルテック
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害