Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイント管理製品「Quest KACE K1000」に複数脆弱性

Quest Softwareのエンドポイント管理アプライアンス「Quest KACE System Management Appliance(K1000)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品には、コンソールへアクセスできるユーザーによってブラインドSQLインジェクション「CVE-2018-5404」が存在。

さらにチケット管理のページに管理者のセッションを奪取できる「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-5405」や、製品へアクセスできる第三者によって管理者アカウントを作成されたり、製品の設定を変更されるおそれがある認証不備の脆弱性「CVE-2018-5406」が含まれる。

脆弱性の判明を受け、セキュリティ機関では、脆弱性が修正されている「KACE SMA 9.1.317」にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正