Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ訪問者とのチャットや追跡機能を提供するWP向けプラグインに脆弱性

ZohoがWordPress向けに提供しているプラグイン「Zoho SalesIQ」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトウェアは、ウェブサイト訪問者とのオンラインチャット機能や、訪問者の追跡、分析などの機能を提供する「Zoho SalesIQ」において、WordPress向けに提供されているプラグイン。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-5962」や、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2019-5963」が明らかになったという。

これら脆弱性は「WordPress」の管理画面にログインしている場合に影響を受けるもので、任意のスクリプトを実行されたり、細工されたウェブページを閲覧すると、意図しない操作が行われるおそれがある。

同脆弱性は、東京電機大学の池田康平氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正した「同1.0.9」が提供されている。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性