Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院

山口県にある周東総合病院のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされ、不正なファイルが設置されたことがわかった。

同院によれば、5月15日23時過ぎから16日18時ごろにかけて、サイトが改ざんされ、不正なファイルが設置されたもの。

悪意あるファイルが同サイトよりダウンロードされる状態だったという。患者に関する個人情報の流出については否定した。

ウェブサイトが改ざんされた原因については、サイト管理ツールの脆弱性、あるいは2019年3月まで公開していた旧サイトのデータにあるFlashの脆弱性を突かれた可能性が高いと説明している。

同院では改ざんの判明後、サイトを停止してパスワードを変更し、すべてのデータを削除。バックアップしていたデータの脆弱性を修正し、同サイトを復旧した。

(Security NEXT - 2019/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も