Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに

米国土安全保障省は、北朝鮮が関与するとされる攻撃グループ「HIDDEN COBRA」が用いたマルウェア「ELECTRICFISH」について公表し、注意を呼びかけている。

同ツールは、プロクシ経由のアクセスに用いられる「トネリングツール」。32ビット版の「Windows」で動作する実行ファイルを、同省と米連邦捜査局(FBI)が共同で分析し、結果を明らかにした。

問題のマルウェア「ELECTRICFISH」は、カスタムプロトコルを実装。2件のIPアドレス間を接続するコマンドライン型のユーティリティとして動作するという。

プロクシのIPアドレスとポート番号、ユーザー名とパスワードを設定することで、攻撃対象のシステムとプロキシサーバを介した外部ネットワークとの継続的なアクセスを実現していた。

同省では、ハッシュ値をはじめとするマルウェアの解析情報を公開し、「STIXファイル」を提供。推奨されるセキュリティ対策などを示すとともに、注意を呼びかけている。

20190513_us_001.jpg
「ELECTRICFISH」の詳細(表:US-CERT)

(Security NEXT - 2019/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃