Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース

「BIND 9」にリモートより攻撃可能となる脆弱性が明らかとなり、関係機関では注意を呼びかけている。

同ソフトウェアにおいて、設定以上のTCP接続が可能となる脆弱性「CVE-2018-5743」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると、割り当てられたファイル記述子が枯渇し、さらにプロセスごとに制限されていない場合は、システム全体へ影響が波及するおそれがある。

権威DNSサーバ、キャッシュDNSサーバの双方に影響があり、Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性の重要度を「高(High)」とレーティング。悪用の報告はないが、アクセスの多いサーバなどで障害が生じているおそれもあるという。

またISCでは、アサーションエラーが生じる重要度が「中(Medium)」の脆弱性「CVE-2019-6467」についても報告した。

ISCでは、脆弱性を修正した「BIND 9.14.1」「同9.12.4-P1」「同9.11.6-P1」をリリース。脆弱性の判明を受け、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERTコーディネーションセンターでは注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ