Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町

群馬県大泉町の中学校において、生徒の個人情報や成績などが記載された資料の所在がわからなくなっている。

同町によれば、全1年生130人分の氏名や小学校の成績、健康に関する情報などが記載された資料を綴ったファイルの所在が分からなくなっているもの。同学年を担当する教職員の会議資料なども含まれる。

4月9日14時前に学級活動のため校舎の外へ移動した教諭が、教職員玄関にある下駄箱の上にファイルを置き忘れ、約20分後に気が付き、取りに戻ったところ見当たらなかったという。

同校では警察へ被害を届けるとともに、臨時保護者会を開き、対象となる生徒の保護者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市