Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県

宮城県は、委託事業者において、メールアドレスの入力ミスにより誤送信が発生し、ボランティアの名簿が流出したことを明らかにした。

同県によれば、4月5日9時半ごろ、みやぎ障害者ITサポート業務の委託先であるせんだいアビリティネットワークがメールを送信する際にミスが発生したもの。

送信先のメールアドレスについてドメインの綴りを誤り、そのまま送信したため、メールに添付されていたパソコンボランティアの名簿が流出した。名簿には37人分の氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれる。

同月9日に委託業者が実施した点検により誤送信が判明。同日、対象となるボランティアへ電話で連絡し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省