Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県

宮城県は、委託事業者において、メールアドレスの入力ミスにより誤送信が発生し、ボランティアの名簿が流出したことを明らかにした。

同県によれば、4月5日9時半ごろ、みやぎ障害者ITサポート業務の委託先であるせんだいアビリティネットワークがメールを送信する際にミスが発生したもの。

送信先のメールアドレスについてドメインの綴りを誤り、そのまま送信したため、メールに添付されていたパソコンボランティアの名簿が流出した。名簿には37人分の氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれる。

同月9日に委託業者が実施した点検により誤送信が判明。同日、対象となるボランティアへ電話で連絡し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス