Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに

九州電力において、再生可能エネルギー事業者に対し電力の出力制御を指示するメールが配信されないトラブルが発生した問題で、同社は原因と再発防止策について公表した。

発電と消費における電力の需給バランスを維持するため、同社では2018年秋より再生エネルギー事業者に対し出力制御の指示を実施しているが、3月16日に873発電所に対して配信した出力制御の前日指令メールの一部が迷惑メールと判定され、配信途中で停止するトラブルが発生した。

同メールの配信中、迷惑メールの駆除機能を提供するセキュリティ対策サービスにおいてメンテナンス作業を実施しており、同社では因果関係も含め、セキュリティ事業者と連携して調査を進めていた。

調査の結果、迷惑メールと誤判定された原因が、セキュリティ事業者における作業中のミスに起因することが判明。セキュリティ事業者に対し、作業手順の確認を徹底するよう要請した。

今後は同様のトラブルが発生した場合でも代替ルートから配信できるよう、4月中をめどに切替システムを構築するとしており、それまでは情報セキュリティ事業者を経由せずにメールを配信するとしている。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「m-FILTER」に脆弱性 - すでに悪用も
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
メルマガサーバで情報流出、スパム踏み台に - 千歳市
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害