Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗

フリーマーケットアプリ「メルカリ」の運営事務局を装ったフィッシング攻撃が確認されている。正規サービスが実施したアナウンスに便乗した内容だった。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、同サービスの運営事務局を偽装。「重要なご連絡」「サービス変更予定のお知らせ」「サービスが有効期限切れになります」などの件名で送信していた。

フィッシングメールでは、少なくとも2種類の文面が使用されているという。ひとつは、サービス改善のため4月23日にサービスの変更を行うといった内容。アカウントの確認が必要などとして、本文内のリンクより偽サイトへ誘導していた。

別の文面では、「サービスが現在中断されている」などと不安を煽り、4月23日までにアカウントを更新しないと、購入や新規出品が制限されるとして、本文内のリンク先からアカウントを確認するよう促している。

20190404_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少