Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を

JR東日本がAndroid端末向けに提供していた「列車運行情報アプリ」が使用するAPIサーバに脆弱性が含まれていたことがわかった。

同アプリは、列車の運行情報をプッシュ通知するアプリ。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリで利用するAPIサーバにアクセス制御不備の脆弱性「CVE-2019-5954」が存在したという。脆弱性を悪用されると、利用者の登録情報を取得されたり、改ざんされるおそれがあった。

同脆弱性は、東京都市大学の高橋朋也氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同社では、同アプリによるサービスを3月23日に終了。端末より同アプリをアンインストールし、運行情報の確認には「JR東日本アプリ」や同社ウェブサイト、SNSサービスなど、代替となるサービスを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper