Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬事日報、サイト改ざんによるウイルス感染について詳細を公表 - 一部感染報告も

薬事日報社は、同社ウェブサイトが改ざんされた問題で、閲覧により感染する可能性があったウイルスについて詳細を明らかにした。

同社によれば、問題のウイルスへ感染した場合、「sqlsodbc.chm」が改変されるほか、「Internet Explorer」が不安定になったり、コマンドプロンプトやレジストリエディタが起動できなくなる。またFTP通信の監視、ウェブサーバの改ざんといった症状が見られるが、セキュリティベンダーによる正式名称など確認できていないという。

ウェブサイトが改ざんされていた期間中にアクセスしたユーザーの一部から、ウイルス対策ソフトが検出して感染を未然に防いだとの情報が同社へ寄せられる一方、感染した可能性があるとの報告も23日の時点で2件あった。

同社では、問題の期間にウェブサイトを閲覧した利用者に対し、複数のウイルススキャナを適用するなど、対策を実施するよう呼びかけている。

薬事日報社
http://www.yakuji.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答