Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件

アカウント情報の悪用による不正アクセスの対象となったサービスは「オンラインゲーム、コミュニティサイト」が217件で最多。次いで「社員、会員専用サイト」が200件と多い。

「電子メール(34件)」「オンラインショッピング(9件)」「インターネット接続サービス(9件)」「オンラインバンキング(7件)」と続く。

オンラインバンキングにおける不正送金の被害件数は322件。被害額は4億6100万円だった。前年の425件、10億8100万円から大幅に減少している。

一方仮想通貨交換所などを狙った不正アクセスで不正に仮想通貨が送信された事件の認知件数は169件。被害額は日本円で約677億3820万円に上っている。前年の149件、6億6240万円から増加した。

認知された169件のうち、約63.9%にあたる108件ではパスワードの使い回しが行われていたという。

20190308_np_003.jpg
アカウント情報の悪用による不正アクセスの対象となったサービス(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件