Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件

アカウント情報の悪用による不正アクセスの対象となったサービスは「オンラインゲーム、コミュニティサイト」が217件で最多。次いで「社員、会員専用サイト」が200件と多い。

「電子メール(34件)」「オンラインショッピング(9件)」「インターネット接続サービス(9件)」「オンラインバンキング(7件)」と続く。

オンラインバンキングにおける不正送金の被害件数は322件。被害額は4億6100万円だった。前年の425件、10億8100万円から大幅に減少している。

一方仮想通貨交換所などを狙った不正アクセスで不正に仮想通貨が送信された事件の認知件数は169件。被害額は日本円で約677億3820万円に上っている。前年の149件、6億6240万円から増加した。

認知された169件のうち、約63.9%にあたる108件ではパスワードの使い回しが行われていたという。

20190308_np_003.jpg
アカウント情報の悪用による不正アクセスの対象となったサービス(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず