Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性

MQTTプロトコルのライブラリとして提供されている「azure-umqtt-c」の旧バージョンにサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、GitHubで2017年10月6日より前に公開されたソースコードに、第三者よりDoS攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2019-5917」が含まれていることが明らかとなったもの。

同脆弱性は、富士通研究所の坂口昌隆氏、野田敏達氏、兒島尚氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

2017年10月6日以降に公開されたソースコードでは脆弱性が解決されており、最新版へアップデートするよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正