Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Marvell製チップに脆弱性 - Wi-Fi経由でコード実行や盗聴のおそれ

Marvell製のWi-Fi用チップ「Avastar」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。同チップの搭載機器において任意のコードを実行されたり、盗聴されるおそれがあるとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

Wi-Fiに関するシステムを単一チップ上に集積させた「System-on-a-chip(SoC)」である「Avastar」シリーズにおいて、メモリブロックプールのオーバーフローが生じる「CVE-2019-6496 」など、複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。「同88W8787」「同88W8797」「同88W8801」「同88W8897」「同88W8997」が影響を受けるという。

同脆弱性により、Wi-Fiネットワークのスキャン中にバッファオーバーフローを引き起こすことが可能で、メモリブロックプール上のデータが上書きされるおそれがある。

同脆弱性は、Wi-Fiの電波が届いている範囲で認証なしに悪用することが可能。Wi-Fiネットワークのスキャンは定期的にバックグラウンドで自動で行われるため、機器利用者の操作などにも依存せず、攻撃を受けるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性