Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準

2019年1月におけるフィッシング攻撃の状況は、前月からやや改善を見せた。ただし高水準に変わりはなく、悪用されるブランドも増加しており、引き続き警戒が必要だ。

フィッシング対策協議会によれば、2019年1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1713件。前月から9.1%減とやや改善している。

前月は悪用されたURLの件数が過去最多となったが、年明け最初の1カ月は前月比16.4%減となる1052件とやや落ち着きを見せた。

ただし、2018年11月以降、1000件の大台を超える高い水準で推移していることに変わりはなく、引き続き注意が必要だ。セキュリティ製品による検知の回避を狙ってか、攻撃者はURLを次々に変化させており、URL件数の増加にもつながっている。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割