Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準

2019年1月におけるフィッシング攻撃の状況は、前月からやや改善を見せた。ただし高水準に変わりはなく、悪用されるブランドも増加しており、引き続き警戒が必要だ。

フィッシング対策協議会によれば、2019年1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1713件。前月から9.1%減とやや改善している。

前月は悪用されたURLの件数が過去最多となったが、年明け最初の1カ月は前月比16.4%減となる1052件とやや落ち着きを見せた。

ただし、2018年11月以降、1000件の大台を超える高い水準で推移していることに変わりはなく、引き続き注意が必要だ。セキュリティ製品による検知の回避を狙ってか、攻撃者はURLを次々に変化させており、URL件数の増加にもつながっている。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多