Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か

つり番組に特化した専門チャンネルを運営する釣りビジョンのウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客情報6万3656件が、外部に流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、同社ウェブサイトに対し、「SQLインジェクション」の脆弱性を突く不正アクセスが海外から行われたもの。

1月5日にウェブサーバを管理する委託先より異常を検知したとの連絡があり、その後の調査で「脆弱性診断ツール」を用いたと見られる不正アクセスが行われていたことが判明したという。

不正アクセスを受けたデータベースには、2006年以降のプレゼント応募や、番組の人気投票に関する顧客情報6万3656件が保存されており、これらが流出した可能性がある。

このうち4682件には氏名、住所、メールアドレス、7629件には氏名とメールアドレスが含まれる。のこる5万1345件についてはメールアドレスのみだという。流出したデータに視聴契約に関するデータは含まれていなかった。

今回の問題を受け、同社では関連する顧客を特定して事情を説明し、謝罪するメールを送信。認定個人情報保護団体および総務省に事態を報告した。

また不正アクセスを受けたデータベースを削除。個人情報を取得するフォームの運用を一時中止している。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス