Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」に不正アクセスの可能性、一部サービスを停止

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受けた可能性があることがわかった。現在、一部サービスを停止し、調査を進めている。

同サービスを提供するオージス総研によれば、一部サーバが不正アクセスを受けた可能性があることを確認したという。

現時点で具体的な被害は確認されていないが、同社では1月23日11時前より、個人向けに提供している無料の「宅ふぁいる便」と、有料の「宅ふぁいる便ビジネスプラス」についてサービスを停止。調査を進めている。

不正アクセスの影響で、1月13日から23日の間にサービスを利用した顧客については、ファイルが正常に送信できていない可能性があり、確認するよう利用者に呼びかけている。

セキュリティ機能を搭載した法人契約の有料サービス「オフィス宅ふぁいる便」については、通常とおり運用している。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か