Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」に不正アクセスの可能性、一部サービスを停止

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受けた可能性があることがわかった。現在、一部サービスを停止し、調査を進めている。

同サービスを提供するオージス総研によれば、一部サーバが不正アクセスを受けた可能性があることを確認したという。

現時点で具体的な被害は確認されていないが、同社では1月23日11時前より、個人向けに提供している無料の「宅ふぁいる便」と、有料の「宅ふぁいる便ビジネスプラス」についてサービスを停止。調査を進めている。

不正アクセスの影響で、1月13日から23日の間にサービスを利用した顧客については、ファイルが正常に送信できていない可能性があり、確認するよう利用者に呼びかけている。

セキュリティ機能を搭載した法人契約の有料サービス「オフィス宅ふぁいる便」については、通常とおり運用している。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所