Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正

蘭PowerDNS.COMは、キャッシュDNSサーバの最新版となる「PowerDNS Recursor 4.1.9」をリリースした。2件の脆弱性が修正されている。

今回のアップデートは、細工された応答によって「DNSSEC」の検証がバイパスされる脆弱性「CVE-2019-3807」や、特定環境下でセキュリティポリシーが適用されない脆弱性「CVE-2019-3806」へ対応したもの。

重要度はそれぞれ「中(Medium)」「低(Low)」にレーティングされている。脆弱性によって影響を受けるバージョンは異なるが、いずれも「同4.0」以下は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT