Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁

特許庁は、制度改正説明会の業務を委託しているオーエムシーにおいてメールの送信ミスがあり、参加申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同庁によれば、「意匠制度の改正に関する説明会」において東京会場の参加申込者へ1月18日にリマインドメールを送信したが、その際に誤って宛先にメールアドレスを記載するミスがあったという。

受信者間に849件のメールアドレスが流出したもので、同月21日に受信者から同庁へ問い合わせがあり、問題が判明した。

同庁では同社に対し、対象となる申込者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼するよう指示。事故の原因や再発防止策を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD