Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁

特許庁は、制度改正説明会の業務を委託しているオーエムシーにおいてメールの送信ミスがあり、参加申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同庁によれば、「意匠制度の改正に関する説明会」において東京会場の参加申込者へ1月18日にリマインドメールを送信したが、その際に誤って宛先にメールアドレスを記載するミスがあったという。

受信者間に849件のメールアドレスが流出したもので、同月21日に受信者から同庁へ問い合わせがあり、問題が判明した。

同庁では同社に対し、対象となる申込者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼するよう指示。事故の原因や再発防止策を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
無関係の顧客情報をメールで委託先に誤送信 - ガスパル中国
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
「e-Gov」の利用者向けサポートデスクでメール誤送信 - デジタル庁
サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta
委託先が「Emotet」感染、個人情報が流出の可能性 - 相模原市
メール誤送信でワークショップ参加者の個人情報が流出 - 千葉市
ユーザー車検代行利用者へのアンケートで誤送付 - 国交省