Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性

オムロンの制御システム向けソフトウェア「CX-Supervisor」に5件の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

「同3.42」および以前のバージョンに 、5件の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

具体的には、「コードインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-19011」をはじめ、「コマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-19013」「CVE-2018-19015」、解放済みメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2018-19017」、型の取り違え「CVE-2018-19019」などが含まれる。

いずれもプロジェクトファイルの処理に存在。細工されたファイルを開くと任意のコードを実行されたり、不正にデータが操作されるおそれがある。

同社では、「CX-Supervisor 3.5」で脆弱性を解消。セキュリティ機関などは、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に