Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開

「Windows」にリモートよりコードの実行が可能となる未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。現行バージョンにおける修正予定はなく、研究者より実証コードが公開されている。

「Windows」において企業情報や個人情報のやりとりに用いる「vCard」ファイルの処理に、未修正の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

細工したファイルを開いたり、ウェブサイトを訪問すると悪用されるおそれがあり、端末利用者に対し、危険性があるリンクを十分な警告なしに表示。リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性はセキュリティ研究者が発見。8月にトレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)を通じてMicrosoftへ報告していた。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開