Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

14年分クロネコDM便2.3万件が未達 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、岐阜県において、委託配達員がダイレクトメールなどの投函サービス「クロネコDM便」の一部を配達していなかったことを明らかにした。

同社によれば、委託配達員が2004年から2018年12月までの間に請け負った旧クロネコメール便を含むクロネコDM便のうち、2万2956件を配達せず滞留させていたという。

同社では対象となる荷主に順次謝罪し、対応について個別に相談する。また配達を怠った委託配達員とは、すでに委託契約を解除。今後は委託配達員への指導と教育を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2019/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で