Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装

全国銀行協会を装い、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイトが確認されたとして、同協会やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20181220_ap_001.jpg
全銀協を装いつつ、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングサイトでは、情報漏洩や不正利用の状況が確認できるなどとだまし、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

12月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

また全銀協では、同協会がクレジットカード番号やセキュリティコードを尋ねることはないと説明。過去に銀行口座やパスワードなどをだまし取るフィッシングサイトも確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口