Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

同問題の判明後、システムズ・デザインでは調査委員会を設置して内部調査を行ったところ、国税局以外からの受託業務においても、契約違反や法令違反の再委託が行われていたことが判明。再委託先についても調査を実施した。

同調査により、国税局以外の業務を再委託していた1社において海外へデータを送信し、入力業務が行われていたことが判明。マイナンバーに関しては分割、暗号化されており、送信先では復号化できないと説明。情報流出の形跡も見られないとしている。

今回の問題を受け、同社では、違反のあった再委託契約はすべて停止。社内での処理に切り替えた。あわせて調査委員会を設置。フォレンジック会社による検証を実施する。

また再発防止に向け、再委託の適正性をチェックする部署を設置。業務改善と社内教育を進める。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
建築工事費調査で別人の調査票を重複して誤封入 - 国交省
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
LINEヤフー、個情委に報告書を提出 - 進捗状況知らせるページも
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超