Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

東京国税局や大阪国税局の委託先において、マイナンバー含む個人情報のデータ入力業務が違法に再委託されていたことがわかった。

データ入力業務を受託していたシステムズ・デザインにおいて、契約や法令に反して外部へ業務を再委託していたことが国税局の監査により明らかとなったもの。

同社では、両国税局から2017年と2018年分のデータ138万8722件の入力業務を受託。そのうち東京国税局の60万4614件、大阪国税局の9万2000件について再委託していた。再委託先からの情報流出などは確認されていない。

さらに一部従業員が、個人情報含む資料134件をスキャナを使って無断でデータ化。保存していたという。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町