Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

東京国税局や大阪国税局の委託先において、マイナンバー含む個人情報のデータ入力業務が違法に再委託されていたことがわかった。

データ入力業務を受託していたシステムズ・デザインにおいて、契約や法令に反して外部へ業務を再委託していたことが国税局の監査により明らかとなったもの。

同社では、両国税局から2017年と2018年分のデータ138万8722件の入力業務を受託。そのうち東京国税局の60万4614件、大阪国税局の9万2000件について再委託していた。再委託先からの情報流出などは確認されていない。

さらに一部従業員が、個人情報含む資料134件をスキャナを使って無断でデータ化。保存していたという。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市
メンテナンス中に本人確認資料画像データを誤消去 - 琉球銀
民生委員の改選書類など紛失、誤廃棄の可能性 - 川崎市
新型コロナワクチン接種の一部予診票が所在不明に - 横須賀市
淀川河川公園施設予約サイトのテストサーバで不正通信 - 個人情報流出か