Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

東京国税局や大阪国税局の委託先において、マイナンバー含む個人情報のデータ入力業務が違法に再委託されていたことがわかった。

データ入力業務を受託していたシステムズ・デザインにおいて、契約や法令に反して外部へ業務を再委託していたことが国税局の監査により明らかとなったもの。

同社では、両国税局から2017年と2018年分のデータ138万8722件の入力業務を受託。そのうち東京国税局の60万4614件、大阪国税局の9万2000件について再委託していた。再委託先からの情報流出などは確認されていない。

さらに一部従業員が、個人情報含む資料134件をスキャナを使って無断でデータ化。保存していたという。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
無関係の顧客情報をメールで委託先に誤送信 - ガスパル中国
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
「e-Gov」の利用者向けサポートデスクでメール誤送信 - デジタル庁