Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条

情報処理推進機構(IPA)は、安全なウェブサイトの運用に求められるセキュリティ対策のチェックポイント20カ条を公開し、適切な対策を講じるよう注意を呼びかけている。

ウェブサイトにおける脆弱性や管理の不備が突かれ、情報流出や改ざんされる被害が多発しているとして、対策を求めたもの。

被害を防ぐセキュリティ対策のポイントを同機構がまとめ、「ウェブアプリケーション」「ウェブサーバ」「ネットワーク」などの観点から定期的に確認すべき対策などを解説している。

「ウェブアプリケーション」に関しては、通信内容の暗号化や脆弱性対策をはじめ、不要なファイルの削除、ログの定期的な確認、不正ログイン対策などを紹介。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化