Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ

PHPの開発チームは、セキュリティに関する問題へ対処した「PHP 7.2.13」「同7.1.25」「同7.0.33」「同5.6.39」をリリースした。一部系統は今回が最後のアップデートとなり、サポートが終了することから対象となる利用者に移行を呼びかけている。

「PHP 7.2.13」をはじめ、いずれもセキュリティリリースと位置付けており、複数の修正を行った。開発チームでは各系統のすべての利用者に対し、アップデートを推奨している。

また「同7.0.33」は「同7.0系」、「同5.6.39」は「同5.6系」における最終リリースとなる予定だと説明。重要な問題が発覚した場合、追加対応の可能性があるものの、引き続きサポートが提供される7.1系以降のバージョンへ移行を検討するよう呼びかけている。

20181207_ph_001.jpg
各バージョンにおけるサポートライフサイクル(表:The PHP Group)

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正
サポート終了目前に「OpenSSL 1.0.2u」をリリース
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート