Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増

ITRは、2017年度の国内における特権ID管理製品市場について動向を取りまとめた。市場規模は、前年度比10.0%増となる48億4000万円だった。

同社によれば、2017年度の国内特権ID管理製品の売上高ベースによる市場規模は48億4000万円。同市場へ参入するほぼすべてのベンダーで売上が上昇しており、市場全体では前年度比10%増と2桁成長を達成したという。

今後はクラウド化が進むことで、社内だけでなく社外からも特権IDが脅威にさらされるケースが増え、特権ID管理の需要につながると同社は分析。

2018年度以降、やや成長は徐々に鈍化するものの堅調に推移し、2022年度までの年平均成長率を6.3%と同社では予想。2022年度の市場規模を66億円と見込んでいる。

20181121_it_001.jpg
特権ID管理製品市場の動向予測(グラフ:ITR)

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長