Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が存在し、緊急アップデートがリリースされた問題で、すでに脆弱性の詳細が公開されており、セキュリティベンダーにおいて定義ファイルの追加など対策が進められている。

今回明らかとなったのは「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-15981」。Adobe Systemsでは米時間11月20日にアップデートをリリース。早急に更新するよう利用者へ求めた。

Adobe Systemsでも脆弱性の詳細がすでに公表済みであることを明らかにしているが、今回の更新に先立ち、セキュリティ研究者のGil Dabah氏が11月13日に自身のブログで、「Adobe Flash Player」の「Action Script Virtual Machine(AVM)」における脆弱性として詳細を公表していた。

今回のアップデートを受け、マイクロソフトではセキュリティアドバイザリ「ADV180030」を発行。ブラウザ同梱版に対するアップデートをリリース。

すでにセキュリティベンダー各社でも対応が進められている。Proofpointでは、11月16日に定義ファイルで同脆弱性に対応。ESETは同月20日にトロイの木馬「SWF/Exploit.CVE-2018-15981.A」として定義ファイルを追加している。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測