Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処

20181114_ms_001.jpg
マイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド。アップデート情報を確認できる

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新をリリースし、CVEベースで62件の脆弱性に対処した。

悪用が確認済みの脆弱性や10月に実証コード(PoC)が公開された脆弱性についても解消している。

今回の更新では、「Windows」や同社のブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「ChakraCore」「.NET Core」「PowerShell Core」「Microsoft.PowerShell.Archive」における脆弱性に対応した。

あわせて「Skype for Business」「Azure App Service on Azure Stack」「Team Foundation Server」「Microsoft Dynamics 365」についても修正を行っている。

同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性を除くと、修正された脆弱性は62件。最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が12件、次いで深刻度が高い「重要」が48件。さらに1段階ずつ低い「注意」「警告」がそれぞれ1件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、25件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。また「権限の昇格」「サービス拒否」「情報漏洩」「なりすまし」「改ざん」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題へ対処している。

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開