Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」向けに脆弱性を修正するアップデートをリリースした。脆弱性の実証コード(PoC)がすでに公開済みで、早急にアップデートを実施するよう呼びかけている。

両製品においてシングルサインオンに用いる「NTLMハッシュ」を盗取されるおそれがある情報漏洩の脆弱性「CVE-2018-15979」が明らかとなったもの。

11月8日の予告どおり、各社が定例更新を公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースした。

「Windows」環境のみ影響を受ける脆弱性で、同社は脆弱性の重要度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も