Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」に対し、セキュリティアップデートを11月13日にリリースする計画であることを明らかにした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に向けて予告を行ったもの。Windows版が対象となる見込みで、macOS版は含まれていない。

脆弱性の重要度は、3段階中2番目にあたる「重要(Important)」だが、一方で悪用されるリスクが高く、適用優先度は3段階中もっとも高い「1」とレーティング。72時間以内を目安とする早期の適用が推奨されており、注意が必要だ。

20181109_as_001.jpg
アップデートの対象バージョン(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2018/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ