Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLの複数署名アルゴリズムに脆弱性 - 次期更新で修正予定

OpenSSLにおいて、複数の署名アルゴリズムにサイドチャネル攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

楕円曲線「DSA」「ECDSA」を利用した署名アルゴリズムに脆弱性「CVE-2018-0734」「CVE-2018-0735」が存在し、サイドチャネル攻撃によりプライベート鍵を回復されるおそれがあることが判明したもの。

開発チームでは、いずれも脆弱性の重要度を「低(Low)」とレーティングしており、これら脆弱性の修正だけを目的としたアップデートについては用意しない方針だという。

いずれも次期アップデート「OpenSSL 1.1.1a」「同1.1.0j」にて他脆弱性とあわせて対応するほか、「CVE-2018-0734」に関しては、「同1.0.2q」においても修正する予定。

(Security NEXT - 2018/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正