Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正

「Ruby」の開発チームは、2件の脆弱性へ対処した「Ruby 2.5.3」「同2.4.5」「同2.3.8」を提供している。

今回のアップデートでは、いずれも一部配列やテキストに対するメソッドのフォーマット指定において特定のフラグが伝搬しない脆弱性「CVE-2018-16396」を修正。

また「OpenSSL」の「X.509証明書」における名前データの比較処理において前方一致のみ確認しており、本来異なるデータと判断するところを一致と判断するおそれがある脆弱性「CVE-2018-16395」を解消した。

当初、「同2.5.x」へのアップデートとして「同2.5.2」をリリースしたが、パッケージングに問題があり、ビルド時に一部必要なファイルが不足していたとして、「同2.5.3」を再リリースしている。

安定版となる「同2.4.5」では、脆弱性の修正にくわえ、40件ほどのバグに対応したという。またセキュリティメンテナンスフェーズに移行しており、重要なセキュリティの修正のみ行っている「2.3.x」については、2019年3月末にサポートが終了となる見込みで、注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正