Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か

電子書籍や楽譜、イラスト素材などデジタルコンテンツのダウンロード販売サイトDLmarketが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するディー・エル・マーケットによれば、10月17日18時ごろサイトで異常を検知したため、サーバを調査したところ外部より不正アクセスを受けていたことが判明したという。

今回の不正アクセスにより、同サイトで会員登録をしている顧客56万1625人分の氏名やメールアドレス、会員IDなどが流出した可能性があるという。

同社では詳細について調査の準備を進めるとともに、対象となる顧客にメールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2018/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス