Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに

2018年第3四半期のインシデント件数は3411件で、前四半期から約5.4%減となった。ウェブサイトの改ざんが前四半期の3分の2近くに減少したという。

JPCERTコーディネーションセンターが同四半期におけるインシデント報告の状況を取りまとめたもの。

インシデント件数は3411件で前四半期の3595件から184件減となった。一方、サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は2216件。前四半期の2124件から増加している。

インシデント件数の推移を月別で見ると、7月は1081件、8月が1161件、9月が1169件と緩やかな増加傾向が見られた。「フィッシングサイト」が全体の38.2%。「スキャン」が34.1%で続き、これらで全体の7割を占める。

20181017_jp_001.jpg
インシデント件数(表:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
産業制御システムのインシデント対応に必要な機能を解説した手引書
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増