Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始

PFUは、オンサイトによるセキュリティ診断サービスを提供開始した。セキュリティシステムの構築、運用をサポートするサービスも展開していく。

今回開始した「ベンチマーク診断サービス」は、全国120拠点を活用し、セキュリティ対策状況を診断するサービス。オンサイトによる問診で課題や優先順位、対策などを説明する。価格はオープンプライスで参考価格は5万円。

またマルチベンダーに対応し、機器を用いた詳細なアセスメントやシステム構築、SOCによる監視、オンサイトのインシデント対応までワンストップで支援する「セキュリティサービス」についても展開。同社では今後3年間に25億円の売上を目指している。

20181011_pf_001.jpg
セキュリティサービスのメニュー(表:PFU)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業