Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ

「VMware Workspace ONE Unified Endpoint Management Console(AirWatch Console)」において認証が回避されるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品は、エンドポイントのライフサイクルを一元管理するためのソリューション。同製品の「SAML認証」が回避されるおそれがある「CVE-2018-6979」が含まれていることが明らかとなったもので、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

証明書による認証を有効化している場合に、SAMLセッションが偽装されるおそれがある。ただし、証明書認証を利用していない場合の影響は情報漏洩にとどまり、深刻度は「重要(Important)」となるという。

同社では、各バージョンに対してパッチを用意。利用者へ対応を呼びかけている。

20181010_vm_001.jpg
影響があるバージョン(表:VMware)

(Security NEXT - 2018/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応