Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処

Appleは、Mac向けに最新OSとなる「macOS Mojave 10.14」をリリースした。機能の追加や改善にくわえ、脆弱性の修正なども行われたという。

同バージョンでは、カーネルに関する2件の脆弱性「CVE-2018-4336」「CVE-2018-4344」や、暗号化アルゴリズム「RC4」の弱点を突かれるおそれがある脆弱性「CVE-2016-1777」など、あわせて8件の脆弱性に対処した。

7月に明らかとなった通信の盗聴や改ざんが行われるおそれがある「Bluetooth」の脆弱性「CVE-2018-5383」を修正したほか、「アプリケーションファイアウォール」「自動アンロック」などの脆弱性を解消している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-5383
CVE-2018-4324
CVE-2018-4353
CVE-2018-4321
CVE-2018-4333
CVE-2018-4336
CVE-2018-4344
CVE-2016-1777

(Security NEXT - 2018/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測