Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、組織内において許可なく利用されるクラウドサービスの利用状況を可視化する「クラウドセキュリティ診断サービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、「CASB(Cloud Access Security Broker)」を使用し、組織内におけるクラウドサービスの利用状況を可視化できるサービス。プロキシやファイアウォールなどのログをもとに利用されているクラウドサービスを特定し、リスクの高いユーザーやクラウドサービスなどを把握できる。

スポットで利用でき、調査開始から約20日で対策なども含めたレポートを提出。料金は1回81万円から。同社では2018年度に25件、2020年度に50件の利用を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック