Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割

国内において、データの消失について、想定される原因を尋ねたところ、「人為的ミス、誤削除(38.3%)」が、「ハードウェアの故障(37.4%)」などを挙げる声が多かった。

一方「ランサムウェア、ウイルス(5.4%)」を想定する声は少ない。「ランサムウェア」の認知度は24.5%だったという。

失ったデータを取り戻すために支払える金額を尋ねたところ、「5000円まで」が81%と大半を占める。「5001円から1万円」が12%。1万円以上との回答は7%にとどまった。

20180919_ac_002.jpg
データ復旧に支払える金額(グラフ:Acronis)

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連