Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」における深刻な脆弱性を修正するため、米時間9月19日にアップデートを公開する予定だ。

同社では、両製品に発見された深刻な脆弱性へ対処するセキュリティアップデートの準備を進めており、公開に先駆けて事前予告を行ったもの。

「Windows版」「macOS版」の双方に影響があり、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。脆弱性の悪用は確認されていない。

アップデートの適用優先度は、3段階中2番目にあたる「2」としており、30日以内を目安に更新するよう推奨する見込み。

20180918_as_001.jpg
影響を受ける製品(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正