Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県

新潟県は、県立新発田病院において、患者の個人情報が保存されたデジタルカメラの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同県によれば、所在不明となっているのは、同院医師が所有するデジタルカメラ。9月3日に紛失が判明したもので、8月31日以降の所在がわからないという。

同カメラには、入院患者の氏名やID、生年月日、皮膚病変部の画像などが保存されていた。具体的な保存件数はわかっていない。

医師は、判明翌日に院長へ報告。院内を探索したが見つからず、警察へ届けた。同院では対象となる患者を特定し、事情の説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
特別支援学校で児童の画像含むメディアがカメラごと所在不明に - 埼玉県
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター