Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響

「PostScript」や「PDF」の出力に利用されるオープンソースのArtifex Software製インタープリタ「Ghostscript」に複数の脆弱性が判明した。

同ソフトウェアにおいて、「-dSAFERオプション」による保護が回避される脆弱性が存在し、悪用されると任意のコードを実行される可能性があるという。

「同9.23」および以前のバージョンが影響を受けるほか、同ソフトを利用するアプリケーションでも影響を受けるおそれがある。

8月22日の時点でアップデートは提供されていない。同ソフトを利用する「ImageMagick」に関しては、一部ファイル形式の処理を無効化するといった緩和策が案内されている。

同ソフトウェアでは、2017年4月にも細工したESPファイルで「-dSAFERオプション」が回避される脆弱性「CVE-2017-8291」が2017年4月に判明。ゼロデイ攻撃に悪用されている。

20180822_cc_001.jpg
影響を受けるベンダー(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ