Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響

「PostScript」や「PDF」の出力に利用されるオープンソースのArtifex Software製インタープリタ「Ghostscript」に複数の脆弱性が判明した。

同ソフトウェアにおいて、「-dSAFERオプション」による保護が回避される脆弱性が存在し、悪用されると任意のコードを実行される可能性があるという。

「同9.23」および以前のバージョンが影響を受けるほか、同ソフトを利用するアプリケーションでも影響を受けるおそれがある。

8月22日の時点でアップデートは提供されていない。同ソフトを利用する「ImageMagick」に関しては、一部ファイル形式の処理を無効化するといった緩和策が案内されている。

同ソフトウェアでは、2017年4月にも細工したESPファイルで「-dSAFERオプション」が回避される脆弱性「CVE-2017-8291」が2017年4月に判明。ゼロデイ攻撃に悪用されている。

20180822_cc_001.jpg
影響を受けるベンダー(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起