Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ghostscript」にコード実行の脆弱性 - 悪用コードが流通

PostScriptやPDFの出力に利用されるオープンソースのインタープリタ「Ghostscript」に、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性が見つかった。すでに悪用が確認されているという。

同ソフトウェアに「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2017-8291」が含まれていることが判明したもの。「同9.21」および以前のバージョンに脆弱性が存在。細工された「epsファイル」を処理すると「-dSAFERオプション」が回避され、任意のコードを実行されるおそれがあるという。

4月以降、脆弱性の悪用コードが出回っており、開発元であるArtifex Softwareではパッチを公開した。セキュリティ機関、ディストリビューターでは、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 脆弱性37件を解消
「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性 - アップデートがリリース
無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性
複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.7.5」がリリース - 即時更新を推奨
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
Apple、スマートデバイス向けに「iOS 10.3.2」をリリース - 脆弱性41件を解消
Apple、セキュリティアップデート「iOS 10.3.1」を公開
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
「SOY CMS」にディレクトリトラバーサルなど複数の脆弱性