Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市

茨城県つくば市は、児童手当現況届の提出依頼通知において誤発送が発生し、児童手当受給者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、8月13日に児童手当現況届の提出を依頼する通知を発送したが、関係ない別の受給者に関する書類が混入したという。翌14日に通知を受け取った受給者から指摘があり、判明した。

書類を封入する封筒が25件分不足していることが発送前に気が付いたが、確認していなかったという。

同市では、書類の混入により個人情報が流出した可能性のある25世帯に対し、直接訪問して謝罪し、誤発送した通知の回収を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市