Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定

NTTドコモのオンラインショップが、本人以外の第三者によって不正にログインされ「iPhone X」が購入される被害が発生した。個人情報の流出については否定している。

同社によれば、同社の各種ウェブサービスで利用する「dアカウント」を対象に、7月ごろよりおもに海外から「パスワードリスト攻撃」を受けたという。

第三者による不正ログインを通じて購入された「iPhone X」は、約1000台程度と見られているが、同社では他商品の購入状況なども含め、被害状況について確認を進めている。

同社では8月14日に事態を公表。端末宛てに送信するセキュリティコードの入力を求める2段階認証の活用を求め、さらに翌15日12時前からは、購入手続きや申し込み履歴の確認時に2段階認証を適用した。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も