Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新を公開した。CVEベースで60件の脆弱性を修正した。2件の脆弱性については、ゼロデイ攻撃が発生しており、一般にも公開済みだという。

20180815_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Exchange Server」「SQL Server」「ChakraCore」「.NET Framework」「Visual Studio」などの脆弱性に対処した。同日に公開となっている「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを実施している。

「Adobe Flash Player」に関する脆弱性を除くと、今回修正された脆弱性は60件。最大深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が20件、次いで深刻度が高い「重要」が28件。「警告」「注意」がそれぞれ1件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、約半数にあたる29件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。また「権限の昇格」「情報漏洩」「セキュリティ機能のバイパス」「改ざん」「なりすまし」などの問題へ対処している。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加