Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

大阪大学基礎工学部、基礎工学研究科のウェブサイトが改ざんされ、アクセスするとマルウェアに感染するおそれがあったことがわかった。

同大によると、7月20日14時半過ぎから17時前にかけてウェブサイトが改ざんされた状態に陥り、アクセスするとマルウェアに感染する可能性があったという。同大ではマルウェア対策ソフトでマルウェアへ感染していないか確認するよう求めている。

同大では同サイトのほか、「基礎工学部留学生相談室」「基礎工学研究科附属産学連携センター」「基礎工学部同窓会」の3サイトについて公開を停止した。同サイトの停止にともない、期間中は「大阪大学基礎工学部高校生・受験生向けサイト」において情報を発信するとしている。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害