Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

大阪大学基礎工学部、基礎工学研究科のウェブサイトが改ざんされ、アクセスするとマルウェアに感染するおそれがあったことがわかった。

同大によると、7月20日14時半過ぎから17時前にかけてウェブサイトが改ざんされた状態に陥り、アクセスするとマルウェアに感染する可能性があったという。同大ではマルウェア対策ソフトでマルウェアへ感染していないか確認するよう求めている。

同大では同サイトのほか、「基礎工学部留学生相談室」「基礎工学研究科附属産学連携センター」「基礎工学部同窓会」の3サイトについて公開を停止した。同サイトの停止にともない、期間中は「大阪大学基礎工学部高校生・受験生向けサイト」において情報を発信するとしている。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性